タコライスラバーズ

代表理事 山川 宗德

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

『タコライスの伝道師』

タコライス.png

『腹いっぱい!は明日の活力』

生まれ育ちはタコライス発祥の金武町「新開地」と呼ばれるキャンプハンセンゲート前の米兵らでにぎわう歓楽街。実家は米軍の営業許可証「Aサイン」を持つバーを経営していました。


共働きの両親は帰りが遅く、夕食は兄と2人だけ、用意された夕飯が足りないこともある「決して裕福ではない家庭」。

そんなときは近くのパーラーへ、タコライスを買いに行きました

私の成長を支えてくれたのは地域の大人たちの優しさです、お腹だけでなく心も満たしてくれたと思います。

県警を今春に退職するまでの約16年間の警察官時代に、金を持たない少年たちが空腹を満たすために菓子類の万引をしてしまう現場に幾度となく立ち会ってきました。

「諸悪の根元は貧困にある」と考え、タコライスを子どもたちに無償提供する案を昨夏、地元の店主や友人に話すと「あなただからできることだ」と賛同してくれ、有志グループ「タコライスラバーズ」を結成しました。

タコライス.png

タコライスラバーズの目的

タコライスラバーズ は『人に優しく、感謝を忘れず』の理念の下、

みらいチケットの普及活動に取り組んでいます。

 

タコライスラバーズの目的は

『子どもたちにひもじい思いをさせない』

『子どもたちに笑顔を届ける』です。

 

みらいチケット普及活動の目標は『沖縄県内250あまりある全小学校に紐付くみらいチケット協力店の確保』です。

 

みらいチケットで〝持続可能な〝支援体制を作り、子どもたちを〝誰一人取り残さない〝環境を沖縄県内全域で整えます。

概要

団体名

タコライスラバーズ設立

代表理事

山川 宗德

所在地

​〒900-0021 那覇市泉崎2-3-3 オフィス泉崎2-A

設立

2019年 00月

活動内容

・沖縄県内の飲食店へ協力を募る活動

​・みらいチケットの発行

・協力店の求人掲載

・スポンサーカンパニー・賛助会員の募集